重要なお知らせエリアを非表示

1本でも多くのお花を、
フラワーロスから救いたい。

コロナ禍による市場縮小で生じたフラワーロス(ロスフラワー)や、
規格外として廃棄されるロスフラワー(フラワーロス)を救いたい。

そして、出来る限り多くのお花たちを皆様の元にお届けしたい。
そんな想いがこのプロジェクト実施の背景にあります。


新型コロナウィルス感染拡大の影響を受けて既存の花流通はいま、劇的に縮小してしまいました。

イベントやコンサートなどの催しの延期や中止、結婚式や葬儀などの式典の見送りや簡素化、輸出の停滞などにより、
業務用花の需要は減少し、価格の低迷・取引量の大幅な減少が今もなお続いています。
コロナ禍の発生から一年以上経った今も、卸・仲卸業者の買い控えにより、花の消費は低迷したままです。

お花は適正な出荷時期を逃すと枯れてしまう、命ある存在。
大切に育てられ美しく咲いた花たちが、その行き場を失っています。


また〈規格外品〉として破棄されるお花も同様です。
見た目が「規格」に満たないお花たちは、農家さんのもとではねられて、出荷されずに破棄されてしまいます。
その数、全体の15%。(※JA高岡さん参照)

葉っぱに傷がある、枚数が足りない、茎が曲がってる、花丈が短い…。
規格に満たない花たちは、出荷されずに市場にもお店にも並ぶことはなく、生産者さんのもとで破棄されてしまいます。
(※一部は肥料となります。)

でも、そんな〈規格外品〉のお花も、生産者さんが大切に育ててきた" いのち "、です。

規格品・規格外に関わらず、農家さんは毎日、水をあげ、栄養を与え、雑草をとり、昆虫から守り、育ててきました。
人が決めた見た目の「規格」からは外れていても、自然物としては十分、美しいはず。
そんな〈規格外品〉お花にも、咲く場所をつくりたいと、スマイルフラワープロジェクトは考えています。

花を通じて、笑顔と感謝の輪が広がりますように。
花を通じて、豊かなサイクルが巡りますように。

私たちの想い 「2020スマイルフラワープロジェクト」実施の背景

  • 01

    花の流通構造の激変

    なおも続く、花き産業の危機的状況
    市場での取引量が減ると生産農家さんはどうなるのでしょうか?
    市場へ出荷する際の輸送費や箱代の負担は農家さん。価格の低下が続き、出荷するほどに赤字となる状況が発生しています。

    また、市場価格の下落を防ぐためには、意図的に出荷量を調整するという手段に踏み切らざるを得ません。
    需給バランスの崩壊の中で、生産されたお花の約30%が、誰の目に触れることなく農家さん自らの手で廃棄処分されています。

    収入の得られない中、栽培施設の電気代燃料代も払えず、次の作付のための資金もない。
    廃業を迫られる農家が増えているのが現状です。
    行政が農業団体を通じて花を買い取り、公共施設などに無償で提供したり、生産農家へ補助金を出したりといった対策も一時的な措置にとどまります。

  • 02

    私たちにできること

    業界リーティングカンパニーとしての想い
    私たちにできること。
    今までのご縁を活かし、全国各地の生産農家さんや市場と連携し、行き場のない破棄される予定の花たちを買い取ること。 そして、通常より割引した価格にて多くの皆様にお届けすること。
    それが生産農家さんの支援となり、花卉の価格の下落の阻止となり、そして日本の花業界を維持することになります。

    消費者も、生産者も、事業者も、みんながつながって日本を元気にする取り組みです。
    2020スマイルフラワープロジェクトでは、2020年4月11日のサイト立ち上げ以降、これまでに累計1万2000件以上(2021年3月末現在)のご注文をいただき、行き場を失い破棄の運命にあったお花を皆さまのもとにお届けすることができました。

    当サイトでご購入いただけたお花のほか、フラワーロス救済イベントなどでお配りしたり、飾られたお花も含めますと、救済できたお花の本数は、100万本以上です。(2021年3月末現在)

    100万本もの「いのち」が、みなさまのおかげで破棄されずに、咲く場所をいただけました。 たくさんのご支援をいただき、心より感謝申し上げます。
    花に生かされてきた私達は、これからも、全力でこの活動に取り組んでいます。
  • 03

    ENJOY HOME with FLOWERS /ウィズ・コロナ、アフター・コロナ

    〜花とともにある暮らし〜
    コロナ渦によるステイホームの自粛生活を機に、ホームユースへのニーズが高まりました。(※1)

    花には特別な力があります。

    花を飾る。
    シンプルだけれども、それだけで気分が変わる。明るさや笑顔が生まれる。あるいはほっと、癒される。
    そこに一輪の花があるだけでどれほど心が豊かに彩られることでしょう。

    外出自粛生活によるステイホームで、初めてお花のある暮らしを体験された方も多く、たくさんの感動や喜びのお声を頂戴いたしました。
    私たちは、コロナ禍を通じて、花の持つ素敵な力に改めて気づかされました。
    そして、今だからこそ花が必要だと私たちは考えます。

    あなたが花とともに暮らすことで、少し嬉しい気持ちになり、そしてそれが、花農家さんがお花を生産し続けらることにつながります。


    (※1)⼀般社団法⼈花の国⽇本協議会実施「Stay Home with FLOWERS おうちフラワーで私を元気に!」 アンケート調査結果

《特集》

「破棄されるお花を1本でもなくしたい」
というプロジェクトの想いを、
神田うのさんに賛同して頂いております。

おうちで、オシャレな胡蝶蘭を。

高級胡蝶蘭の規格外品です。
非常に厳格な贈答品の規格には外れましたが、
それでもとっても美しく愛おしい胡蝶蘭です。
神田うのさんの公式サイト「Couturier Uno」にて、
「UNOセレクション・1本立ち胡蝶蘭」を販売しております。
ピックアップ2を非表示
「花のある生活」で ”笑顔と感謝の輪” を広げる
新たな取り組みです。

〈はなまなび〉で一緒に
フラワーアレンジメントを楽しみませんか。

おうちに居ながら「お花」を学べる
「オンラインスクール」です。
〈はなまなび〉を運営する「花まつフラワーアカデミー」は、
約30年間、20,000人以上(体験レッスン含む)の生徒さんを指導してきた
実績のあるフラワースクールです。

Products商品一覧

Blogブログ